ガイドブック争奪戦

人と連れ立って旅行に行く際、一番はじめに微妙にもめるのは誰がどのガイドブックを買うか、ということではないでしょうか。私と友人たちはそれぞれガイドブックを買おうとしたのですが、どうせ仲間ですからガイドブックを見せ合うことは必定。となれば他の人とかぶらない本を買った方がよいに決まっています。

私たちの今度の行き先はオーストラリアですので、当然オーストラリアのガイドブックを探すことになります。ところが、です。最初の難関がここにありました。早くも。難関というほどの難関ではないかもしれませんが、ガイドブックが売っていないのです。私が行ったのはそのあたりではかなり大きな本屋でビルの5階分本屋、という大型書店ですからないわけないだろうとまわりをうろうろしたのですけれど、しかし、ない。なぜなんだー、と思いつつ、通常の大きさの本屋に移動したところありました。で、わかったのですが、おそらくシーズンのせいですね。

オーストラリアの旅行シーズンは11月から2月です(南半球ですから、夏が北半球の民であるわれわれの反対です。マリンスポーツもそのくらいの時期)。好き好んで夏休みに冬真っ盛りの南半球に出かけようなんて奴らいねぇだろ、と本屋の偉い方が思っておかなかったのでしょう。だがしかし!金のない連中はシーズンをはずすのだということをお心にとめていただきたいもんだなぁ。

私が買ったのは1000円のことりっぷで、これは大変かわいらしく、安価で、切り離せる地図がついているのが魅力ですが、各都市のページ数が少ないのが玉にきず。友人はララチッタを買ってました。ララチッタは1200円でシドニーとメルボルンの二都市に絞って特集してあるので、便利ですよね。国全体の概要みたいなのはつかみにくいですけど、でもそんなのつかみたい奴いるのか…。

まだ買ってない友人ははじめはことりっぷを買うつもりだったのに私に買われ、次はララチッタ、と言っていたのにそれも買われ、もう残るは詳しいけど重たい地球の歩き方か薄くて情報いっぱいだけど大きいから鞄にしまいにくいるるぶか二つに一つです。かわいそうに。でもことりっぷはゆずりません。便利ですもの。そのあたりはシビアです。

脱毛裏ワザ脱毛 東京

男性の好むファッションとは?

ファッションと言えば毎年必ず流行の変化があります。

お姉系のファッションが流行ったり、カジュアルなファッションが流行ったりなど…。

その年によって流行のファッションは違います。

色々なタイプの服を揃えているお店では、流行になっている服を目立つように飾っている為スグに判ります。

しかし流行を知る為には雑誌などを見る事が一番有効だと思います。

私はあまり流行に敏感ではありません。

常に自分の着たいタイプの服を着ていると思います。

流行の服も可愛いと思う物があれば購入しますが…。

あまり流行に乗った服を購入した事は無いと思います。

私の友人の中には、かなり流行に敏感な友人が居ます。

友人はいち早く雑誌をチェックし、いつも流行の服を購入しています。

友人曰く流行の服を着ている事が、良い男性と出会えるきっかけだそうです。

確かに女性の流行のファッションは、男性からの評価が高い物が多いと思います。

友人は常にそういった男性からの印象を気にしている事があります。

しかし先日、流行を取り入れていた友人から少し残念な話を聞きました。

それは「男性の本音」についてでした。

流行のファッションに限った事ではありませんが、男性と女性の好みはそれぞれ違います。

そして好みの物を着ているとしても、実際それが似合っているのかも別の話になります。

以前流行したパステルカラーの洋服も、男性からの声はそれぞれ違っていたそうです。

パステルカラーの洋服は一見さわやかなイメージがあります。

元気さをアピールする事も出来れば、清楚なイメージにもなります。

しかし流行だからと言って全身をパステルカラーにしてしまうと、それは何だか子供っぽい服装になってしまいます。

男性からは「さすがにちょっと…」と思われる事もあるそうです。

自分の年齢や自分の印象に合った服を選ぶ事が、一番なのかもしれないですね。

実際のところ女性が着ている服に対しての男性の好みは違います。

友人は以前まで「流行なら何でも良いだろう」と考えていたそうですが…。

現実はそう甘くは無かったのだと思いますね(^^;)

最近は自分にどんな服が似合うのかと、研究をしているそうです。

友人には気になる男性が居るそうなので、まずは男性にさりげなく聞いてみる事から始めるのが良いのではないかと思います。